読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

氣学からみるトランプ大統領

f:id:tamaki-tamaki:20170204115606j:plain

【氣学からみるトランプ大統領】

こんにちは

新年、明けましておめでとうございます!

氣学は、節分を1年の大きな節目とするので、今日から2017年の正式なスタートです(≧▽≦)

本年も、宜しくお願い致します。

 

 

天地人の氣が、丁・酉・一白水星の2017年

この氣の動きの中、トランプ大統領は、どう舵を取り、アメリカを先導していくのか

アメリカは 大英帝国と言われたイギリスから、パワーと戦略で、覇権を奪取し、100年以上、世界の基軸、中心として、世界を牽引してきました。

国の繁栄、時代の栄枯盛衰を大きな視点でみると、どんなに巨大なパワーがあったとしても、100年以上、その栄華を継続しえた国はない。

この衰にあたる今のアメリカの舵取りは、一筋縄ではいきません。

アメリカだけでなく、経済格差も大きく、どんなに個人が努力したとしても、貧富の差は埋める事はできず、紛争やテロが頻発、本当の幸福とは何かを問われる今の時代そのものが、衰の時代で、末期の状態とも言えます。

努力だけでは限界で、資本主義の仕組みそのものを変革していく必要のある今

それは、経済の側面だけでなく、私たち人間そのものが、一体、何者で、どこから生まれて、どこに向かうのか、真実と出会うことも意味します。

東洋の叡智にも、宇宙の森羅万象を奏でる法則がある

西洋にも、人間や宇宙を追究した人間の5感覚を超えた世界を奏でる物理・数学の法則がある

モノのインターネットと言われるIOTの技術で、私たちのライフスタイル全てが繋がる時代に突入している事は、ニュースなどで実感があると思いますが、2017年は、東洋と西洋が、イコールで繋がるシンギュラリティーポイント

 

今までの常識が、非常識に

今までの非常識が、常識になるような大転換のエネルギー

 

 

そんな時代の舵取りをするトランプ大統領は、氣学からみると九紫火星のエネルギー

九紫火星は、先見の明があり、頭脳明晰で、カリスマ性も放つエネルギー。

マザーテレサ明石家さんまビートたけしも、九紫火星の生まれです。

 

火は、文明を発展させたエネルギーでもあり、智慧の象徴でもあります。

このエネルギーを活かすも殺すも、九紫火星次第 

本当の豊さ、世界平和のために使うのか、破滅で全てを燃やし尽くすのか

この世は相対世界であり、良くも悪くも、九紫火星の在り方で、決定します。

 

メキシコに壁を作る、アメリカ第一主義など、就任早々、不穏な動きが出ています。

壁を作ることが、自国民と他を分ける事が本当の解決策なのでしょうか?

 

東洋や西洋を追究してみると本当は分けられない自と他。

なのに、私達は、境界線を引き、物理的にも、心理的にも壁をつくっている現在地

 

2017年は、シンギュラリティーポイント

壁を崩し、初期化する一白水星のスタートです

 

トランプ大統領の2017年は、バックアップの風が吹き、良くも悪くも勢いづく運気です。

ただ、2017年の時空間は、協調の姿勢を応援するエネルギー

 

どんな星より能力があり、リーダーとしても先導していける力を持つ九紫火星

独裁者になる危険を孕む力をコントロールし、壁と壁による障壁を取っ払い、時には一歩譲り、周りを活かし、風通しの良い関係性を築いていけるかが、今年の時を活かせるかの運命の分かれ道です