寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

2017年:丁・酉・一白水星の運気

f:id:tamaki-tamaki:20170101100243j:plain

【丁・酉・一白水星の2017年】

明けましておめでとうございます。

今年も、宜しくお願い致します。

 

関東は晴天で、晴れ晴れとした元旦を迎えました。

 

氣学の観点では、年の切り替えは、節分であり、まだ丙・申・二黒土星の2016年です。

大掃除、間に合わなかった~(>_<)という方も、節分までに、1年の埃をはらえば大丈夫ですよ。

運や縁を運ぶお掃除のポイントも実はあり、何代も続く老舗は、鬼門の扱いにしても、貴び、それを日常の習慣として取り入れてきた結果、繁栄を続けています。

せっかくの休みだから、のんびりしたいな~、面倒臭いな~、

運動になるから、楽しもう!など、掃除一つにしても、様々、思いが巡りますが、どんな思いで、掃除に臨むのかも、この些細と思う日常が、運命を、人生を大きく変えていきます(≧▽≦)

家相や鬼門、掃除の意味などを知って、活用すると、時の流れをつかめるようになります。

 

さてさて、2016年の丙・申・二黒土星も、自然災害が多発、予想外の新リーダーの台頭など、2017年の大きな時代の転換点に向けて、秩序の均衡が崩れてきました。

 

2017年は、丁・酉・一白水星の年。

人間の5感覚だけでは、観る事のできない裏の動きを氣学では、裏付けし、現象を読み解き、因果を超え、運命を開きます。

病気になるのも、病気として現象化する前に、何かのサインは出ています。

事業の繁栄、衰退も、サインがある。

事件にしても、テロにしても、いきなり事が起きたように見えますが、それに至るまでの小さな衝突、取るに足らないと思ってしまう対立の積み重ねの結果です。

 

2017年を危機にするのか、チャンスにしていくのか、私たち一人一人の決断にかかっていて、今日という日の些細と思えるかもしれない日常の在り方が、運命を左右していきます。

 

1月8日に、2017年の運勢講座を開くので、興味のある方は、ご連絡下さい。

個人鑑定も、随時、行っています。

 

2017年の時の流れをつかみ、時をも創る潤沢な1年に、是非(≧▽≦)