読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

氣学からみる永六輔さん①!

f:id:tamaki-tamaki:20160716105053j:plain

【氣学からみる永六輔さん①!】

こんにちは

7月7日、永六輔さんが死去されました。享年83歳でした。

 

永六輔さんは、1933年の四緑木星の生まれ

誕生日から詳しくみると、潜在能力は、三碧木星の性質、

環境縁に、二黒土星の宿命を持ち、人生を創造した方でした。

 

永六輔さんの運勢を最も拓くキーは、一白水星のエネルギー

次は、自身の潜在能力でもある三碧木星、そして、九紫火星

 

一白水星は、無から有を生み出す力

誰もが潜在的に求めているが、この世に未だ生まれていない世界を、人に認識可能にさせる力でもあります。

 

永六輔さんの代表作と言えば、

 

f:id:tamaki-tamaki:20160716121526j:plain

 

上を向いて歩こう』の作詞をされました。

 

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す春の日
一人ぼっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ星を数えて
思い出す夏の日
一人ぼっちの夜

幸せは雲の上に
幸せは空の上に

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぼっちの夜

思い出す秋の日
一人ぼっちの夜

悲しみは星の影に
悲しみは月の影に
上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぼっちの夜
一人ぼっちの夜

 

生きる中で、誰もが感じるであろう孤独感、絶望、苦悩

人は、それを受容するのか、糧にして乗り越えるのか様々ですが、

それらを全て包みそっと背中を押してくれるような作詞

 

日本だけでなく、世界でも大ヒット!

 

誰もが認識していなかったけれど、潜在的に深く求めていて、出会いたかった言霊

 

人類共通の無意識を意識化して、アートまで上昇させた永六輔さん

一白水星を体現し、作品を通し、世の人の心を癒やし、元気づけてこられました。

 

皆さんの宿命や運勢を拓かせるエネルギーは、何でしょうね?

本当の自分と出会い、ライフスタイルを再構築して、更に新たな人生を歩んでみませんか?

氣学の観点から自分と新たに出会ってみて下さい🙌

 

 

時代の流行もある中、世代や国を越えて支持されるアートには、共通した真理が隠れています。

永六輔さんは出会っていたのかな~

 

この普遍の真理と出会えることで、人は、本当の人の力を発揮できます。宿命に翻弄されることなく、運勢をも使いこなすことができる

 

そんな最先端の叡智をダウンロードされたい方は、こちらまで🙌

 

NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-

http://www.nr-japan.co.jp