読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

氣学からみる高知東生と高島礼子(>_<)

f:id:tamaki-tamaki:20160702062319p:plain

【氣学からみる高知東生高島礼子

おはようございます。

 

ぐでたまは、『強さより、優しさっしょ・・』と呟いていますが、皆さんは、どうですか?

高知東生高島礼子夫妻は、お互いのどこに惹かれ合ったのでしょうね?

 

この夫妻は、共に、九紫火星の生まれです。

誕生日は異なるから、細かく観ると、多少、バイオリズムに違いはありますが、大枠は共通。

氣学の観点からみると、もうすぐ6月も終わりますが、6月の九紫火星は、思いも寄らないトラブルが起きやすい月でした(>_<)

特に、ビジネスや不倫、パートナーシップの関係性で(>_<)

 

そして、今回、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された高知東生・・

しかも、不倫も噴出(>_<)

 

まさに氣に乗ってますが・・

 

高知東生の環境縁は、五黄土星

活用できれば、大きな問題を解決する本来の九紫火星の生き方を選択できたはずなのに、逆に、環境に翻弄された人生のようです。

 

2016年の九紫火星は、朝日を浴びている状態にあり、全てのことが明るみに、表に出る1年です!

隠しきれませんよー

そもそも、隠せる隠せないではなく、誰に分からなくても、全ては自分がよくみていますよね。

 

 

また6月は、自分が思っていなくても、言葉で相手を傷つけやすい月でもありました。頭脳明晰の九紫火星の性質が、表裏一体で、どう出たのか!

f:id:tamaki-tamaki:20160702065131g:plain

7月は、七赤金星に出やすいので、ご準備を!

でも、どんな準備をすればいいのでしょうか?

そんな月は、問題が起きないように、思っている事も伝えないとか?

自分が良かれと思って伝えた事でもトラブルは起きやすいので、例え、問題が起きないように心掛けていても、不可能そうですね~

 

それは、人には、『観点』という価値基準や判断基準があり、全く同じ基準を持つ人はいなく、言葉や行動のやり取りでも、勘違いが起こる仕組みにセッティングされているので(>_<)

 

ぐでたまの言っていた強さと優しさも表裏

強さは、不動心にも、頑固さになり、

優しさは、 柔軟性にも、優柔不断にもなる。

そして、その基準は、どれも正解でもなければ、不正解でもない。

それなのに、自分が正しいと無意識に思い込んで、主義主張を繰り返し、時代の権力者に従い、反発すれば、殺されるか、今の時代であれば、リストラ、パワハラが起こり、自分に嘘をついて従わざるを得ず、尊厳が失われてきた人類歴史です。

 

本当の幸せ・成功のためには、何が必要なのでしょう?

全ては、関係性にあります!

収入にしても、性格にしても、条件付きの仕事や人というパートナーではない、永遠不変のパートナーと本来のパートナーシップを組み続けること。

相対的に変化し続けるこの世の中で、どんな条件状況に置かれても、普遍的に変わらない基準点、装着されていますか?

 

自分の体が、脳の指令通りに、右手を動かせなら、右手を動かせるという事が、人間を、自分を制御できるという事ではありません。

実は、その脳が作り出す情報による思考や感情に翻弄されている人類の現在地。今のご自身が、選択する基準の一つ一つは、本当に正しいと言えるのでしょうか?誰が作った基準に則り、それを自分と思い込み、大切な命を削り今を生き、呼吸していますか?

 

人間の機能を知るという今の学術の叡智では残ながら、限界です。

これからは、人間の機能を悟り知り、現実に応用活用する時代です!

 

そのセッティングは、こちらで

NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-