読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

氣学からみる今月の自然現象

f:id:tamaki-tamaki:20160624114258j:plain

【氣学からみる今月の自然現象】

おはようございます!

経済のエネルギーも塞がり、金融経済も混乱していますが、

大雨と思えば、水不足が懸念される今月(>_<)

七赤金星のエネルギーが影響してますね・・

 

大雨によるダムの決壊、もしくは、ダムの水不足、まだまだ注意が必要です。

 

f:id:tamaki-tamaki:20160624115206j:plain

 

f:id:tamaki-tamaki:20160624115404j:plain

 

この相対的な氾濫、私たちに、どんなメッセージを投げているのでしょう?

 

ダムの枯渇の本質とは!?

 

 中国の春秋時代、斉国の宰相であった官中は、斉の覇者である桓公と共に国を治める論議をしました。

『善く国を治める者は、必ずまず水を治める』と、

水を治めるということは、国を治める上で、根本的な国家の大計と強調。

水害や干ばつによる被害は、経済発展と社会秩序の安定に影響を及ぼすため、これらを克服して、農業の安定化をはかり、国民の生活の平和、国家繁栄をもたらす方策を考えました。

 

ダムで水の管理をする事で、ライフラインが安定し、生活の基盤を安定させ、大地の恵みを享受できます。

それは、国民のパフォーマンスを上げる事でもあり、経済発展にも繋がり、全ての悦をもたらす七赤金星。

 

そのエネルギーが枯渇して、かつ、河川が氾濫している今(>_<)

現象が教えてくれる気づき

 

今の私たちの生き方を根本的に方向転換するようメッセージを投げています。

 

どんなに科学技術が発展し、治水技術が向上しても、私たちの生き方、進む方向性が間違っていたら、混沌の海に投げ出されます。

 

昨日、舵取りが困難であると、イギリスのキャメロン首相は、辞任を表明しました。

リーダー不在となる2016年

 

これを危機にするのも、チャンスにするのも、私たち次第。

 

時代の転換点を迎えています。