寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

氣学から観る舛添さん

f:id:tamaki-tamaki:20160616084523j:plain

【氣学から観る舛添さん】

ほっといてください・・

舛添さんの気持ちの代弁でしょうか(>_<)

 

昨日、都知事辞職を表明した舛添さん。

氣学の星で観ると、七赤金星でした。

仕事縁や環境縁は、六白金星のリーダー星でもあるのですが、持って生まれたエネルギーを活かせず、残念です(>_<)

 

2016年の七赤金星は、10年に1度の厄年です。

今までの生き方、これからの在り方に対しての、ほころびが出る年。

気づきの年で、来年度からの高運気に向けて、初期化する大事なチャンスの年でもあるのですがm(__)m

 

そして、今月は、中央に座す月。

四面楚歌と報道されていましたが、生き方により八方塞がりともなる月。

本来は、中央で、全体を見渡たせ、七赤金星らしさで、全体を守る月でもあるのですが・・

 

f:id:tamaki-tamaki:20160526112625j:plain

未来がみえない・・と

でれたまも、また殻をかぶってしまいました。

 

賛否両論あると思いますが、舛添さんだけを責めることこできません。選んだ私たちにも、責任はある。

私たちの意識、潜在意識の代表が、舛添さんであり、舛添さんが辞職しても、根本を治療しない限り現象を変えて、同じような事は繰り返される。

仏教で言えば、これが、輪廻。

だから、輪廻を越えた解脱の悟りを目指す仏教

 

 

未来を託せる真のリーダーは、誰でしょう?

 

 

f:id:tamaki-tamaki:20160616085607g:plain

どの世代の方も、困った~と解決策がみえませんね(>_<)

 

何が本当の問題であるのか!

去年参加したアジアの平和と繁栄をテーマに開催された済州フォローで、福田元首相は、私たちに語りました。

 

『東西の冷戦が終わり、やっと世界が一つになれると思ったが、何が起きたのか。アメリカが台頭し、文化レベルでは、国と国の交流は進み発展もしたが、本当に平和が訪れたのか?未だに戦争が終わらない今の世界です。

では、どうすればいいのか?それは、誰がリーダーに立っても解決するものでもない。一人のリーダーが牽引する今までのリーダーシップでは、世界は変わらない。

まずは、一人一人の意識の変革が重要で、誰かがやってくれるだろうの意識では、何も変わらない。一人一人が、国の代表、世界の代表としての意識を持ち、それぞれがリーダーシップをとり連帯することで世界は、ひとつになれる』

 

国家・民族・宗教の壁を越えたユニバーサルリーダーシップがとれる教育が、これからの時代に必要なんです。

 

そんな教育が、日本から世界に広がります。

 

f:id:tamaki-tamaki:20160529073505j:plain