読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

アメイジンググレイス に込められたら思い

f:id:tamaki-tamaki:20160606115914j:plain

【アメリカと出会う】

昨日は、内海講師が担当されるHITOTHU学講座で、アメリカと出会ってきました。

 

現職のオバマ大統領が、広島を訪れたという事から始まり、戦後70年を過ぎ、様々な意味で、時代の転換期を迎えている今。

 

その潮流を感じ既に動き始めているよという方、薄々は感じてきている方、そんなに変わるわけないよという方、様々だと思います。

 

氣学から観ても、パンケーキが流行るのも、大転換の兆し

時代は、有の世界から無の世界へパラダイムチェンジしていきます。

 

歴史を振り返ると、大英帝国と言われたイギリスが、世界の中心軸だった時代がある。

それに限界を感じ、アメリカに中心軸を移動させた意志があり、

イギリスからアメリカへのパラダイムチェンジが成された。

 

パラダイムチェンジにより、負の遺産も数々、生まれました。

アメリカの発展のためには、奴隷が必要で、奴隷貿易がされた時代もあった。

f:id:tamaki-tamaki:20160606122029j:plain

黒人は人間と見なされず、家畜と同様の扱いをされる強制労働。

今では信じられないかもしれませんが、それが当たり前であった時代がある。

 

そんな時、音楽がきこえてきました。

みなさんは、アメイジンググレイス、ご存知かと思います。

ジョン・ニュートン作詞の賛美歌で、有名です。

では、作曲は?

そう、実は、奴隷貿易で売買されら黒人たちでした。

 

人権なんて認められず、船の中に、押し込められ、繋がれた劣悪な環境で、彼らを支えたのは、歌でした。

体力のない者は、船の中で死んでいく。明日は、我が身かもしれない。愛する家族に起こるかもしれない。例え、生き抜いて見知らぬ土地についたからと言って、絶望が待ちかまえている。

その中で、誕生したのが、アメイジンググレイス

曲は、ほとんどブラックの鍵盤で構成されています。

 

ジョン・ニュートンは、牧師になる前は、長年、奴隷貿易船の船長でした。家族を養い育てる仕事でもあり、それは国の発展のためでもあるけれど、特に、みんなが寝静まった頃に、ひっそりと聞こえてくる地下からの美しい叫びに、自分のしている事は、本当に正しいのか問う日々でした。

 

f:id:tamaki-tamaki:20160606123839j:plain

ジョン・ニュートンが救いを求めたの神でした。

本当に、彼は、救われたのか?

罪の意識に苦しむ余生だったかもしれません。

 

こうして、私たちは、自分が望もうと望まざるとも大きくは、時代に影響を受け、生き方、職業選択、ライフスタイルも決定されていく。

 

自分で選択したように思っているけど、時代の海の中で、目に見えない鎖に繋がれているのが、私たちの現在地です。

 

目に見えない鎖とは何か?

 

その鎖を本当の変化で外せたとき、空を飛ぶ自由を手にすることができる。

 

ペリーが来航して、日本は開国しなければならなくなりました。

今の時代に当てはまると何か?

それは、人工知能の驚くべき発展です。

 

機械ではなく、人間にしか出来ない事って、何でしょう?

そのために、どんな教育が本当に必要なのか?

今の教育のままでは、人工知能を活かせません。

 

西洋中心から、西洋と東洋を融合した時代へ

有の世界から無の世界を活用する時代へ

 

負の遺産を作ることなく全てをバージョンアップさせる

そんな教育・そんな産業・そんな政治Visionがあります!

 

5月は、ストップ・スタートの節目の月でした。

この転換期に産まれてきた今を感じて、いかがでしたか?

 

6月のテーマは、融合です✴