寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

空を見上げて

f:id:tamaki-tamaki:20160329125305j:plain

【ライフスタイルに、立ち止まり、感じる時を取り入れて】

こんにちは。

今日は、ほかほかの洗濯日よりですね。

部屋に差し込む陽射しがキラキラ✨して気持ちいいです。

 

20代の頃、駅で、すれ違いざまでしたが、5歳くらいの男の子が、お母さんに、質問していた言葉が、今でも忘れられません。

 

「どうして、みんな、下を向いて歩いているの?」と。

 

私も、周りを見渡してみると、みんな、本当に下を向いて、しかも、忙しそうに、難しい顔をして歩いています。

 

子供にとって、不思議だったのでしょうね。

夢を叶えているはずの大人が、楽しそうに今を感じていない。

 

大人になって、社会に出るということは、諦めることも覚える事だと誰かもいっていたかな。

 

看護師となり、今までの生き方を見直すために、サインを送ってくれる病気でもあるのに、患者さんは、ほとんど止まることが出来なかった。私も、止めることが出来なかった。

 

今まで、歩ける事、話が出来ること、呼吸できる事も、当たり前で過ごしてきたけど、当たり前じゃないんだね。今度は、家族との時間や自分の健康も大切にして、生き直すよという患者さんもいたけれど。

 

この資本主義の海の中では、患者さん一人の努力で、変えられるものではなく、体調を崩し、また一つ、また一つ命が奪われていくことを目の当たりにして、何も出来ない空虚感。

 

5感覚で感じる痛みや苦痛が解消されればいいと、もとのライフスタイルに戻ってしまう患者さんたち。

患者さんたちを責めることも違う。支える家族や生活、仕事の役割、患者さんの描いている夢もあるから、止まれず進んで行きました。

 

何かがおかしい?

その違和感を人生や社会の縮図をみる病院で感じるからこそ、抱いた疑問。今の現代、病気や死は、隣り合わせではなく、どこか別の遠い世界でもあるから、みんな、気づきにくい。

私は、様々な方の生き様、死に様と出会えたから、深い疑問に出会えました。

 

なぜ?という疑問を抱かせない社会は病気です。

 

子供が、あんな大人に自分も成りたいと思えるような人たちで、溢れる社会をつくりたい。

 

NohJesuは、なぜ、私たちが解決しなければならない本当の問題に気づけなかったのか、明確に語ってくれました。

 

教育から、新しい産業を興し、私たちが抱えている最大の問題である雇用問題も解消できる。

 

仕事って、何でしょう?

大人になるって、どういうことでしょう?

 

認識が、一人の人生も、世界を変える。

 

ライフスタイルのバージョンアップ、Noh'sWayで、是非!