読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

小寒から大寒へ

f:id:tamaki-tamaki:20160113081318j:plain 【小寒から大寒へ】

おはようございます✨

今朝は、氷点下のようで、昨日、洗濯して取り入れ忘れたタオルが、凍ってました🙈

 

二十四節気でみると、寒い冬に入る1月6日の小寒を経て、立春に向けた寒の内の中、最も寒い大寒に向かっている今。

 

畑に霜柱が降りて、幼い頃、そのザクザクという感触を楽しんだ懐かしさ。瓶に張った水が、氷に変化している神秘に朝から冒険に出た子供の頃を思い出す今日です。

 

桜は、この寒い時期を経ないと開花しないそうですね

春を彩るそのタイミングを知る桜が、美しく、儚く咲き散りゆくためには、この冬の寒さがキーです。

人生も共通してますね。人も、国も、産業も、大きくは、時代も、冬の寒さのような限界と出会い、乗り越えようと挑戦し続ける勇気、大切な人を笑顔にしたい、救いたいと思う意志、そして、常識を破壊する智慧により、変化させる道具が発見され、技術化、誰もが共有できるよう普及し、開花させてきた人類です。

今、時代は、道がみえないアポリアの冬に突入し、春の兆しはみえず、命の芽吹きを奪う氷河期に向かおうとしています。

その究極の根本原因が、観点の問題であると気づいたNohJesu。

冬を我慢するのでも、感じなくする事でもなく、どんな条件状況でも、尊厳そのもので生きるその美しい姿勢。それは、人類が春の息吹を享受する未来がみえるから、文明の中心軸と繋がり、時代精神が、向かう方向性が明確に鮮やかに映っているから。

 

2016年、七赤金星は、この冬に入ります。

人生の初期化、無から有を生み出す始まりでもある1年

2017年の春を迎える智慧のある準備を共に始めませんか?

 

【日本初の基軸教育~メタ認識技術Noh'sWay~から今までにない新しい成功基準を創造し、チームプレーを奏で、アジアから世界を繋ぐチャレンジ-、集まれ~】

http://www.nr-japan.co.jp/special/