読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

世界の秩序を形成しているのは!?

f:id:tamaki-tamaki:20160109184803j:plain

境界を引く事で、国が存在し、その土地に、私は、何人であるというIDを有した国民が誕生、そして、今、この瞬間も、世界を創造し続ける世界秩序があります。

 

現代まで続くこの国際秩序を生み出したきっかけ何だと思いますか?

 

こんな疑問、考えた所で、現実は、何も変わらないし、そもそも疑問にも思わないし、想像した事もなかった私が、こんなブログを綴るから、ユニバーサルリーダーシップ教育、世界を変革していく事、間違いなし!

 

現代の世界秩序を形成しているのは、1648年に締結された「ウエストファリア条約」です。

 

この条約は、現代の欧州カトリックプロテスタントの棲み分けを確定した条約で、それまでの領主や王族により区切られた領土は国境へと変わり、国民の自覚と国家元首という概念が誕生。戦時賠償を法律化し、国際条約の基礎を成したものだそうです。この条約で、第一次世界大戦後の国境が画定し、第二次世界大戦後に設立された国連が、これをベースにして、国際関係は機能しています。現在、世界の秩序を形成しているのは、ウエストファリア条約以来の西欧型民主主義と西欧型国際条約なんです。日本も、このプレートの上にのって、今も影響を受け続けています。

 

この秩序のもとで、時代は進化発展し続け、今があります。

科学技術も発展し、病気から救える命、感染から守れる命も増えました。けれども、本当の意味で命を救っているのか?絶望の中、生きなければならない人も増え、尊厳が失われている医療の現在地。また、紛争、戦争で失われる命は、絶えず、どんなに努力しても、経済格差は増すばかりで、経済戦争も激化しています。挙げれば切りがないないくらい問題が噴出する文明の末期ガン。

 

この秩序を大転換したいと生み出されたISという現象をどう解析するのか。彼らの行動を判断するのではなく、何故、こうした組織が、思想が支持される時代であるのか洞察する事が重要です。

 

境界線を引くということ

歴史は、数々の境界線が引かれる事で、織りなされ、心に深く傷を負っています。

 

だから、その涙の訳を知っている日本と韓国が繋がり、境界線のない世界から、奇跡的に一点が生まれ、線を引く真善美を感じられる世界へと上昇させる使命が私たちにはあります。

 

国という分けた名前で見るのではなく、歴史を繋ぐ意志で観たとき

、西洋や全世界を越える今までにない成功基準、秩序が誕生し、日本から始まる次の時代の道が明確にみえてきます!

 

明日の公開講座も是非♪

http://tokyo.hitotsu.info/info/?page_id=12