読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

二黒土星の2016

f:id:tamaki-tamaki:20160102230638p:plain

九星氣学の世界では、2月の節分を機に、1年の陰陽が大きく切り替わり2016年がスタートするとされています。

今年は、二黒土星中宮の年。だからか、黒豆、かりんとうに、和菓子に、おせんべいと二黒土星のエネルギーをインプットしたくなるお正月です。時流に乗るコツとして、二黒土星が担当するエネルギーを取り入れてみましょう✨

 

二黒土星は、縁の下の力持ちの象徴であり、究極のフォローシップのエネルギーでもあります。

時代は、なにかとヒーローに焦点をあてる傾向にありますが、そのヒーローを育て、支えた海があって、ヒーローは誕生し、歴史は動いてきました。

坂本竜馬を生み出した海は?大統領を生み出した海は?そして、ITの時代をつくりあげたビルゲイツスティーブ・ジョブズを生み出した海は?

 

こうした時代を創る海を創造した究極のフォローシップにより生み出された、当時は、異端児とされた常識を覆す人々により時代は大きく転換してきました。

 

そして、ITが低迷する時代、次に生み出されるのは何でしょうか?それは、Noh Jesusです。

二黒土星は、教育や技術の担当でもありますが、未来技術で、基軸教育を通し、アポリアの時代に、明確な代案を示す観術が、NohJesusの誕生で生み出され、日本だからこそ育ちました。

2016年、究極のフォローシップが、現代人が、今、生きる資本主義の中心軸とは次元の違う文明の中心軸を創り、日本から、世界に飛び立ちます!

 

と、かりんとうを食べながら、ワクワクしている本日でした。

 

【日本初の基軸教育から、チームプレーを奏で、今までにない成功基準を創造し、アジアから世界を繋ぐチャレンジャー、集まれ~!】

http://www.nr-japan.co.jp/special/