読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄り道のスキマから次の時代の道へ

寄り道と聞いて、ワクワクする方、無駄な事と思う方、言葉一つでも捉え方は、それぞれですね。人は、どうして、寄り道をしたくなるのでしょうか?何が、それほど、あなたを惹きつけるのでしょうか?私は、この寄り道にこそ、重要な人生のエッセンスが入っていると思います。あなたは、どこから出発し、どこに向かい今、歩んでいますか?隣の大切は人は、どうですか?あなたは、何故、その道を、歩んでいるのですか?『観術』を通し、時代が観えた今、こんな事を書き綴ってみたいと思います。

白鶏冠の思い

f:id:tamaki-tamaki:20150126224224j:plain

f:id:tamaki-tamaki:20150126224348j:plain

今日もたくさんの意志との出会いに感謝

昨日は、音香先生が伝授される四大名欉の一つである『白鶏冠』とクリスタルボールに出会いました。

世界遺産でもある中国福建省武夷山☆その秘境とされるその岩山に生育する貴重なお茶が「武夷岩茶」です。
武夷岩茶制作技芸伝承人(日本でいう人間国宝)劉宝順さんが天地と一体となり創造した世界最高峰の『白鶏冠』。このお茶が、今ここに届くまで、どんな思いを込めて、創られているのか、その一つ一つのお話に涙☆お茶を扱う先生やそれを頂く私達も、お茶と出会いひとつになる事で、劉宝さんの心と繋がるという先生のお言葉が印象的でした。私に、これと出会う資格があるのか☆それくらい背筋を正して出会わせて頂いたお茶でした。


『白鶏冠』は、まさしく慈愛そのもの。包み込む温かさに、なにか寂しげな風合い。形として存在し、近くで温もりを感じるというよりは、存在は感じられない中で感じる愛そのもの。悲しげな風味には、伝説がありました。ヒナを守り死んだ白い鳥がいたそうで、そこに生息したお茶が、『白鶏冠』。形として顕現しない愛を、その意志を、私達は日常で、どれくらい気付き、感じれらるのでしょう?


お茶と出会うプロセスも興味深かったです。茶器をお湯で温める事は、紅茶とも共通してますが、全体をお湯で、くぐしたり、急須全体にも、お湯かけるのは、中国茶ならでは!!部分ではなく、全体の調和を美とする東洋思想に感動しました。

 

こんなにも、静観した時間は久しぶりです。言葉は要らない、それでも、参加した方々と繋がる不思議な感覚になりました。音香先生のクリスタルボールも相じて、無の世界へ誘います。シンプルな事だからこそ、ごまかしも効かない自分自身の心が全て映し出される世界。こうして自己と向き合い、わびさびの中で、日常を愛でた日本人、東洋の心に触れる事ができた一時でした。

 

次回は、さらに、無限大貴重な『大紅袍』!!今から、楽しみです♫